メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

【インターンシップ】札幌医大教育施設現場 参加者の声

インターンへの参加動機

  学校の授業の一環としてインターンシップがあり、専門課程にいた時からどいういう職種に
しようか意識はしていました。また、現場監督にしようと思ったきっかけはやはり応用課程では
実際にRC造、木造、S造の実習が2年間を通してあり、その中で実際とは違って小規模では
あるが、所長・副所長・職長などの役職がとても重要な役割をしていることがわかり、
実際に現場監督という職業はどんな仕事をしているのか興味が湧いてインターンシップでは
この職種にしようと思いました。
 

インターンシップ参加前と参加後(参加中)の印象

  インターンシップに参加する前は、現場はとてもピリピリしていて緊張感が漂っているのかなと、
とても不安に思っていましたが、実際に現場にお邪魔させていただくと職人さんやほかの企業の
現場監督さんがとても優しくて気軽に話しかけてくれたり、たまに冗談をいって場を和ませて
くれたりと、いい雰囲気で仕事をしているなと思いました。
 

参加して印象に残ったこと・学んだことや感想

  参加して印象に残ったことは、やはり現場の雰囲気がよく、とても働きやすそうな現場だなと
思いました。また、学んだことは見ることすべてが初めてで、学校では座学や写真でしか
教えてもらわなかったことが、実際に現場に出てみてもっと深く理解できました。
また、スラブのコンクリート打設を見たときは、職人さんの技術の高さにとても感動しました。
また、SRC造を初めてみて柱や梁の太さにも驚きました。
 

インターンシップで経験した仕事内容

  インターンシップでは、安全当番の週だったことから朝礼の司会進行や、足場材の拾い、
コンクリートの数量算出、写真撮影のやり方や、安全工作、場内配置図や日誌の作成、
仮設足場の嵩上げの図面起こし、鉄骨製品検査の見学、メッキ工場の見学、
コンクリート打設の調整など

 

インターンを検討中・参加学生へアドバイス

  インターンは実際に働いている人の元で勉強をさせてもらえるので、とてもいい経験になります。
わたしは、最初はとても不安があったり緊張したりしましたが、積極的に行動したり話したり
疑問に思ったことなど質問したら優しく教えてもらえたりするので、参加した方が自分のため
にもプラスになります。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー