メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

【インターンシップ】札幌医大教育施設現場 社員の声

インターンシップの学生へのプログラム(スケジュール)・どのようなことを学ばせているか

 初めは施工管理職について資料を見ながら説明をしました。
その後は実際の仕事(鉄筋の写真撮影・コンクリートや足場材の拾い・朝礼の司会等)
を体験していただきました。
 

学生を受け入れてみての感想(学生の頑張っていた様子やメッセージも込めて)

小さな疑問を質問し、体験してみたい事を自ら申し出る等、とても積極性を感じました。
朝礼の司会を行っていただいた際も明るくハキハキとしており、とても頑張っておりました。
自分自身も学生を受け入れてみて、学生の質問から普段気づかない事に気づかされたり、
改めて人に説明をする事・伝える事の難しさ・大切さを実感しました。
 

インターンシップを検討中の学生へのアドバイスやメッセージ

 実際に職に触れてみることでしか分からない、その職の難しさ・辛さ・楽しさ・喜び
があると思います。
インターンシップは実際に職に間近で触れることができる良い機会だと思いますので、
是非、インターンシップに参加してみて下さい。
 

施工管理の仕事の魅力(楽しさなど)

 失敗することもあり、苦労の多い仕事ではあると思いますが、
だからこそ、自分で計画・管理したものが完成した時には
とても大きな喜び・達成感を感じることができます。
 

施工管理の仕事の難しさ

多くの人とのコミュニケーションを必要とする仕事です。
伝達不足などがあると工程などに大きく影響します。
コミュニケーションを大切にし、現場の動きを把握し、
伝達不足などがないよう日々気をつけています。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー