メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

【東京支店インターンシップ】安養院現場 参加者の声

インターンへの参加動機

 現在は大学進学のために上京をしていますが、私の出身地である北海道で将来的には仕事をしたいと思っており、地元に本社がある岩田地崎建設のインターンシップに参加を希望いたしました。
 

インターンシップ参加前と参加後(参加中)の印象

 インターンシップに参加する前までは、ゼネコンの施工管理という職種に関して漠然としたイメージでした。しかし、参加することによって、現場を経験されている社員の方々より詳しくお伺いでき、施工管理がどのような職業であるのかをよりリアリティを持ってイメージできるようになりました。一つの現場を終えた時に、とても達成感を得られる仕事だと思います。
 

参加して印象に残ったこと・学んだことや感想

 私が参加させて頂いたのは1dayのインターンシップでしたが、その内容はとても凝縮されており、施工管理について理解を深める事ができる、よい経験となりました。
 実際の現場では、図面の見方はもちろんですが、構造や材料、意匠などといった幅広い専門的な知識が要求され、大学の4年間で学んだことだけでは通用しないと感じました。
 自分はまだまだ知識不足であることを痛感し、ある特定の分野について深く学ぶだけではなく、オールマイティに様々な分野に対する知識を身に着けていかなければならないと意識させられ、よい刺激を受ける事が出来ました。
 

インターンシップで経験した仕事内容

  今回見学をさせて頂いた安養院増築工事の現場は安藤忠雄さんの設計によるものであり、間近で有名建築家の施工現場を見学できる、とても貴重な体験でした。
 インターンシップでは、図面の見方や、現場の安全や工程を守るための打ち合わせ、職人さんの様々な作業などを見学させていただきました。現場において施工管理の仕事は、現場の中心となり安全で円滑に工程を管理しており、重要な役割を担っていることを肌で感じました。
 

インターンを検討中・参加学生へアドバイス

  インターンシップに参加することで、大学の授業などでは聞く事が出来ない実際の現場の生の声を聞かせて頂き、とても貴重な経験となりました。
 また、実際の現場で施工管理の仕事を見学させてもらえるので、職業への理解を深める事が出来ると思います。施工管理について興味をお持ちの方は、ご自身の理解を深めるためにも、インターンシップに参加してみることをお勧めします。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー